本文へ移動

出荷者さんご紹介

明治から百年以上 作り続けるこだわりの味噌

谷口味噌店 谷口康夫さん・淳子さん  (鳥取市鹿野町)

西いなば気楽里通信R3.6月号より
   京風の格子戸に木の看板。城下町の風情が漂う鹿野のまちの中にある。藍染の暖簾をくぐり奥に進むと、きれいに整理整頓された作業場と麴室、そして味噌蔵に行き着きました。
    谷口味噌は、地元産の大豆と米、そして塩だけを原料に、明治時代から代々伝わる無添加・天然醸造製法で作られています。麹は、発酵を進めさせるのに最適な温度や湿度を調整しながら四日目の朝に完成。手間ひま惜しまず丹精込めて作られる味噌は、子どもたちの給食にも使用されています。他の味噌は食べないとおっしゃる常連さんにお聞きすると「ただおいしいだけではなく、奥深いものがある」とのこと。
    パックに詰められた味噌を手に取ると、小さな"弁"に気付きます。発酵し続ける味噌を最適な状態で保つための一工夫とのこと。先代から引き継いだ文字をベースにしたラベルデザインからは、伝統製法を守り継ぐ凛とした決意、そしてお二人のさりげないおしゃれ感が伝わってきます。
鳥取西いなばまちづくり株式会社
〒689-0422
鳥取県鳥取市鹿野町岡木280-3
TEL.0857-82-3178
FAX.0857-82-4178

 
地域への愛情で進化し続ける とっとりのふっくらパン
最新の記事
海と山をひとりじめ ヤサホーテラスでcoffeeタイム
最新の記事
太陽をいっぱい浴びた「山のうえのびわ」
最新の記事
明治から百年以上 作り続けるこだわりの味噌
最新の記事
"一期一会"を心に刻み 作物と向き合う
最新の記事
プロ意識と誇りを持ってお菓子作りを
最新の記事
熱い仲間と造るクラフトビールを届けたい
最新の記事
みんなを笑顔にしてくれる魔法のイチゴ
最新の記事
二人三脚で育てた生姜 心も体もぽっかぽか
最新の記事
森からの贈り物・ジビエ もっと美味しく
最新の記事
気高町の美味しいものを笑顔と一緒にみなさんへ
最新の記事
鷲峰山からの風がほどよく吹いて実る伊藤さんちの柿
最新の記事
大豆の甘みがぎゅっと詰まった"まめっこ"の豆腐
最新の記事
長康さんの愛情と宗子さんのスパイスで作られた野菜
最新の記事