本文へ移動

出荷者さんご紹介

太陽をいっぱい浴びた「山のうえのびわ」

山田正年さん・由理子さん  (鳥取市青谷町)

西いなば気楽里通信R3.7月号より
   初夏の店頭でコロンとした淡いオレンジ色のビワの実を見つけました。山田さんとビワの出会いは7年前。由理子さんが小さな木を1本借り受けたことから始まりました。そして「ビワ畑の景色が失われていくのは忍びない」と、正年さんが3年前から関わり、今では自ら道の駅へ売り込む営業部長です。
  ビワは冬に白い花を咲かせます。春の息吹を感じる3月末から4月に袋をかけ、6月頃には収穫します。夏を越さないことから消毒の必要もなく、その場でもぎ取って食べることのできるのも魅力。甘みが強く、それでいてすっきりしたあと口のビワは、梅雨の時期の希少な果物です。
  お日様が大好きなビワ。標高150メートルほどの小高い山の上にある山田さんのビワ畑には、一日中太陽の光がふりそそいでいました。青い空、緑の山々の中にたわわに実るオレンジ色のビワの木。"桃源郷"とも言えるような景色が広がる青谷町絹見には、時折スーッと吹く優しい風を感じることができます。
鳥取西いなばまちづくり株式会社
〒689-0422
鳥取県鳥取市鹿野町岡木280-3
TEL.0857-82-3178
FAX.0857-82-4178

 
地域への愛情で進化し続ける とっとりのふっくらパン
最新の記事
海と山をひとりじめ ヤサホーテラスでcoffeeタイム
最新の記事
太陽をいっぱい浴びた「山のうえのびわ」
最新の記事
明治から百年以上 作り続けるこだわりの味噌
最新の記事
"一期一会"を心に刻み 作物と向き合う
最新の記事
プロ意識と誇りを持ってお菓子作りを
最新の記事
熱い仲間と造るクラフトビールを届けたい
最新の記事
みんなを笑顔にしてくれる魔法のイチゴ
最新の記事
二人三脚で育てた生姜 心も体もぽっかぽか
最新の記事
森からの贈り物・ジビエ もっと美味しく
最新の記事
気高町の美味しいものを笑顔と一緒にみなさんへ
最新の記事
鷲峰山からの風がほどよく吹いて実る伊藤さんちの柿
最新の記事
大豆の甘みがぎゅっと詰まった"まめっこ"の豆腐
最新の記事
長康さんの愛情と宗子さんのスパイスで作られた野菜
最新の記事